微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング
微細加工エンジニアリング

微細加工エンジニアリング 承認済み

10,000種類のエンドミルと周辺の微細加工技術で最適な加工を実現します。

レビュー

動画

画像ギャラリー

説明

どのような技術・製品か?

「これまでとは違う、こんな加工はできないだろうか」。そんなお客様からのご要望に、私たちはエンドミル製品の販売だけでなく、加工方法や製造機械なども考慮したソリューションでお応えしています。

どのエンドミルを選び、どのように使用するかで加工精度や加工時間の長さ、工具寿命などが大きく変わります。加えて大切なのは、工具選定だけでなく加工条件の設定と実装するためのCAD/CAM、使用する加工機や加工条件と条件に合わせて動かすプログラム、削られる側の材質、クーラント(冷却・潤滑・洗浄媒体)、ツーリング(切削工具のアダプター)などなど様々あります。私たちは、お客様が理想とする切削加工を実現できるよう、エンドミルだけでなく関係する様々な技術を理解し、サポートしています。

こうした技術を少しでも知っていただくため、30を超える加工事例やエンドミルの切削条件の他、回転数表やボールエンドミルの実加工径など、各種技術情報を公開しています。
https://www.ns-tool.com/ja/technology/

何を実現するのか?

私たちのエンジニアリング力を元にした加工ソリューションを活用することにより、目的(加工したい内容や精度と品質・コスト)に合わせた、加工精度、加工時間や工程そのもの、加工品質、工具寿命などの多様な条件を最適化できます。

お客様の加工要求に応えるために、以下の微細加工に関するノウハウを持っています。
・加工条件の理論とデータ
・マシニングセンターの最適な利用方法
・加工精度を上げ、工具寿命を延ばすクーラントの利用方法
・エンドミルを取り付ける最適なツーリングの選定
・エンドミルの管理方法

また、日進工具の社内規格はJIS規格より厳しいです。高品質のエンドミルをご提供しています。

強み、競合優位性は何か?

・シャープで優れた刃先

仕上げの切り込みが0.01mmでも、優れた面粗さを得ることができるシャープな刃先です。
例えば日進工具のエンドミル(ノンコート)の刃先では、超硬合金粒子の脱落がほとんど見られません。

・高硬度・高速加工用ボールエンドミル MACH225

高硬度材(60HRC~)への高速直彫り加工用として開発いたしました。従来の高硬度材加工用ボールエンドミルは、スクイ角がネガティブ(負)のため、切削抵抗と刃先にかかる衝撃が大きくなっていました。
MACH225はシャープでポジティブ(正)の刃先形状を採用することで、切削抵抗と刃先に受ける衝撃を少なくすることができ、工具寿命の延長と大きな切り込み量を得ることができます。

・短い加工時間

被削材: SKD11 60HRC、加工サイズ: 80mm ✕ 44mm ✕ 4mmを各社の推奨切削条件で荒取り加工
日進工具:40min
A社:270min
B社:510min

・高硬度加工用スクエアエンドミル MHD445・645

高硬度材加工用エンドミルの刃先は、従来チッピングへの耐性を高めるために、スクイ角を強いネガティブ(負)にしていました。
そのため切れ味が悪くなり、加工精度や工具寿命に影響を与えていました。
MHD445・645は、刃先に切れ味を持たせた形状と、耐チッピング性の富んだ特殊超微粒子超硬合金を採用することで、加工精度と工具寿命の飛躍的な向上が可能です。

・長寿命

被削材: SKD11 60HRC
加工条件:
回転数: 3,200 min-1、送り速度: 1,000 mm/min、切り込み(ae x ap): 0.1 mm x 15 mm、クーラント:エアーブロー
日進工具:48.2min
A社:6.6min
B社:11.6min
C社:32.4min

どのような実績・事実・データなどがあるか?

・日進工具新開発センターを2020年に新設。新製品・新技術の開発やお客様への技術セミナーを実施している
・自社開発のエンドミル製造設備で製造している
・製品1本1本にロット番号を刻印し、トレーサビリティ管理を徹底している
・工程間検査、全数目視最終検査を行っている
・コーティングを自社開発し、さらにマシニングセンターを使用したモニタリング試験を実施している
・各種マシニングセンターを保有しており、お客様の使用環境を再現したテストを行っている
・専用の製品ケースを自社開発している

どんな製品・部品を取り扱っているか?

・CBNエンドミルシリーズ:高硬度材の長時間仕上げ加工に最適。ダイヤモンドに次ぐ硬さをもつCBN焼結体を採用している
・PCDエンドミルシリーズ:焼き入れ鋼から超硬合金などの硬脆材まで”ツルツル・すべすべ・ピカピカ”な加工面を実現する
・マイクロエンドミル・ドリルシリーズ:刃直径0.01mmからのエンドミル・ドリルシリーズ。マシニングセンタを利用した微細切削加工領域を拡げる
・無限コーティングプレミアムシリーズ:無限コーティングシリーズの改良版で、高硬度材に特化。TiAlN系のコーティングを採用している
・無限コーティングプレミアムSUS用高能率”Z”エンドミル:ステンレス加工に特化してビビリを抑え加工時間を短縮する
・無限コーティング:生材から高硬度材まで被削材を問わず、クーラントも水溶性切削油・不水溶性切削油・エアーブロー・オイルミストなど様々な状況に対応できるオールマイティなTiAlNコーティングをしたもの
・アルミ用・樹脂用エンドミルシリーズ:アルミ合金・樹脂の加工に特化したもの
・銅電極加工用ロングネックエンドミルシリーズ:バリを最小限に抑え高精度な銅電極加工を可能にしたもの。銅タングステンにも長寿命な加工ができる
・無限フラットドリル:斜面や曲面など様々な場面での高能率で安定した穴あけが可能
・スレッドミルシリーズ:ねじ切り加工で、タップに代わるスレッドミル。タップに比べ切削抵抗が大幅に軽減でき、耐熱合金の加工で工具寿命や精度の向上が図れる
CBN工具:

https://www.ns-tool.com/ja/products/product_information/cbn/

PCD工具:

https://www.ns-tool.com/ja/products/product_information/pcd_diamond_coating/

投稿者

マップ

関連する技術・製品